宅配ボックストラブル対処法について

分譲マンションエントランスイメージ

こんにちは、タマキホーム管理担当の下地(シモジ)です。

不動産の購入前に知っておくべき知識・情報を随時配信していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

今回は「宅配ボックスのトラブル対処法」についてです。

現在、ほとんどのマンションには宅配ボックスが設置され、不在時でも荷物を受け取ることができ、平日や昼間に受け取りが難しい人にはすごく便利な設備ではないでしょうか。
一方で「宅配ボックスの暗証番号がわからない」や「宅配ボックスが壊れていて荷物が取り出せない等」のトラブルは頻繁に起こるものです。その際、どのような対象をすればいいのか?宅配ボックスのトラブル対処法について本記事でご紹介していこうと思います。

◆宅配ボックスの種類

宅配ボックスは、受取人が不在のときに宅配会社が宅配ボックスに荷物を入れ施錠を行い、暗証番号を記入した紙を該当住戸に投函し、それを見た受取人が暗証番号を照合させ受け取るということとなりますが、その宅配ボックスには、大きく分けてダイヤル式と電気式の2種類があります。それぞれの特徴について簡単に説明を致します。

★ダイヤル式
⇒ダイヤル式の宅配ボックスは、宅配会社が設定した暗証番号に関してダイヤルを照合させることで解除ができます。暗証番号については、宅配会社が配達時のその場で設定をするため、各住戸によって暗証番号が決まっているわけではありません。

★電気式
⇒電気式は、タッチパネルの操作や各住戸に渡されているカードキーなどを使って解除する最近のマンションに多く見られるタイプの宅配ボックスです。
ダイヤル式と比べるとセキュリティー面において安心感があります。
また、各住戸にて暗証番号が設定されているため、不在通知表を基に宅配ボックスのタッチパネルの住戸番号を選択し住戸で設定されている暗証番号を打ち込めば解除ができる仕組みになっております。

◆トラブルの回避

私自身マンションの管理部門にも携わっていたことがありその際に実際にあったトラブルとその対処法についてご紹介します。

1、 宅配ボックスが故障して開かない

宅配ボックスが壊れていて中の荷物が取れない等のトラブルについては、当該マンションを管理している会社、若しくは管理人さん等に相談をしましょう。夜間等の場合は翌日以降の対応になることが多いですが、宅配ボックスに緊急連絡先等の記載がありましたらそこに問い合わせれば夜間での対応も行っているかもしれません。

2、 暗証番号がわからないため解除ができない

・宅配会社が暗証番号の設定を間違った場合
⇒このトラブルは一番多く発生しております。この場合の対処法としてはまず、配達をした会社へ電話をしてみましょう!単純に配達員の方が不在通知表に記載している番号を間違った可能性があります。宅配会社へ問い合わせても解決しない場合は、管理会社若しくは管理人さんに相談をすると解決するはずです。

・住戸毎に暗証番号が設定されている
⇒このトラブルの内容としては、各住戸に設定されている暗証番号を忘れてしまったことが考えられます。この場合は、宅配業者へ問い合わせても意味がないので、入居時に貰っている書類を確認して暗証番号が記載されている資料を確認しましょう!それでもわからない場合には、マンションの管理会社若しくは管理人さんへ問い合わせてみてください!

◆最後に、、、

宅配ボックスは現在のマンションにおいては設置されていて当たり前というくらいどこのマンションにも設置はされています。すごく便利な設備ではありますが、不適切な使用を行い入居者への迷惑になるケースがあります。例えば、私物を入れ受け渡しを行うケース等があります。宅配ボックスには数に限りがあり、このような活用が多く発生すれば、宅配ボックスが埋まってしまい不在時の方が荷物を受け取れなくなります。使い方なども管理規約や使用細則に載っておりますので、そちらの確認をしっかりと行い、適切な使用を心がけましょう!